三井不動産だからこそ提供できる体験を、


オンラインから生み出す。

商業施設

担当領域:運営

Midori Yoshida

商業施設本部 商業施設運営部
イノベーション推進グループ
2014年入社
教養学部卒
※内容は取材当時のものです

CAREER STEP

2014年
商業施設本部 アウトレット部 営業グループ(当時)
2017年
商業施設本部 商業施設運営部 イノベーション推進グループ

POINT

① 新たなショッピング体験を創出
②オンラインとオフラインを融合させる挑戦

現在携わっている仕事を教えてください。

三井ショッピングパーク公式通販サイト「&mall(アンドモール)」の運営に携わっています。「&mall」は三井不動産の商業施設と連携し、施設でのお買い物体験をお客様がオンラインで体感できるECサイトで、ファッションに限らず、インテリア、コスメ、スポーツなど、三井不動産の商業施設が提案する幅広い商品を取り扱っています。「&mall」で購入した商品を商業施設で受け取り、その場で試着や返品受付ができるのも「&mall」ならではの特有のサービスです。

「&mall」の運営における吉田さんの主な役割を教えてください。

サービスローンチから3年経ち、現在は通常のECサイトの枠に留まらない「&mall」の新しい活用手法を日々模索しています。「三井不動産にしかできないECサイトの活用」を大きなテーマとして、サービスやプロモーションを企画し、社内外のチームと協力して形にしています。
ひとつの事例が、各地の「ららぽーと」で開催したショールーミングイベントです。会場でレインウェアやシューズ、コスメなどの実物に触れ、QRコードを介して「&mall」で購入できる取り組みで、商品を持って帰る手間を省いたり、実物を確かめることで「イメージと違う」といったECサイトで起こりがちなデメリットの解決を目指しました。三井不動産のアドバンテージといえば、オンラインの「&mall」と、オフラインの「ららぽーと」を始めとする商業施設がどちらも非常に充実していること。ショールーミングならその相乗効果を狙えるのではないかと考えたのです。

特に印象に残っている仕事を教えてください。

「&mall」に一度も触れたことのないお客様を振り向かせるために、ららぽーとで実施するアーティストのライブにオンラインを絡めた企画を実施したことです。お客様にはライブに参加する前に「&mall」で限定グッズを購入してもらい、全国の当社商業施設で行われるライブに参加していただくという内容です。パートナーである広告代理店を始め、アーティストの所属事務所やグッズ制作会社、各商業施設のオペレーションセンターなど、さまざまな方々の協力を得て実現しました。

企画を実現させるために苦労した点を教えてください。

特に心を砕いたのは、アーティスト事務所の理解を得ることでした。「&mall」を活用して、ライブにお越しいただくお客様と事前に接点を持ち、当日までのモチベーションを高める施策を提案しましたが、前例のない試みだっただけに、その効果は未知数。簡単にはうなずいてもらえませんでした。 このイベントの価値、そして「&mall」の価値を、当時まだまだ理解してもらえていないと改めて気づかされた瞬間でしたね。

アーティスト事務所を企画に巻き込むためにどのような工夫をしたのですか?

一度のイベントでは変化が見られなくても、回を重ねることで「&mall」ならではの価値の認知が高まり、使ってくださるお客様も増えていく。私自身がその可能性を十分に感じていたからこそ、新しい顧客体験を生み出すことの重要さを伝え、納得してもらえるように心がけました。ライブにご参加いただくお客様への事前アプローチの1つの例が、企画の大きな目玉となる「&mall」でのグッズ販売。ファンの心をつかむには、「&mall」で販売されるグッズが魅力的であることが大前提です。アーティストが販売したグッズを数年前までさかのぼってチェックし、今まで販売されたことがなく、だからこそファンが待ち望んでいるはずのグッズを制作するなど、工夫を重ねました。

イベントの反響はいかがでしたか?

ライブ当日、ダイバーシティ東京プラザには数千人ものお客様が集まってくれました。限定グッズのペンライトを握ってライブを心から楽しんでいらっしゃる様子を見て、「施設に来てライブを楽しむことはもちろん、当日までのワクワクする気持ちをも提案することができたのではないか」と感じ、価値のある新しい体験をお届けできたことに、私自身も胸が熱くなりましたね。

吉田さんの今後の目標を教えてください。

このプロジェクトは商業施設に舞台を限ったものでしたが、三井不動産には、オフィスやホテル、住宅といったさまざまなアセットがあり、「&mall」は、そのすべてと連携できる可能性を秘めています。いつか「&mall」が「オール三井」をつなぎ、新しい形のショッピング体験を世の中に生み出す存在になれるように挑戦を続けていきたいですね。

思い出の写真

お台場で開催されたライブの様子。「非常によいライブだった」「また開催してほしい」という感想も聞こえてきて、感無量でした。
※ライブは2018年に開催されました